ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル 【あらすじ・感想】

ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジュマンジ / ウェルカム・トゥ・ジャングル スタッフ・キャスト

スタッフ

キャスト

あらすじ

高校生のスペンサーはかつて親友だったアメフト部のフリッジのレポートを代筆し、それが教師にバレて2人とも居残りになった。セルフィーが大好きなベサニーは試験中に電話、がり勉のマーサは体育教師に体育なんて意味がないと言い放ち同じく居残りになった。

4人は罰として学校の地下倉庫の片づけを言いつけられたが、そこで古いテレビゲームの『ジュマンジ』を発見する。それぞれプレイするキャラクターを選んで遊び始めると、4人はいつもとは違う姿でジャングルの中にいた。

おたくでガリガリ体系のスペンサーはマッチョで無敵な冒険家ブレイブストーン博士に、アメフト部で長身のフリッジは小柄な動物学者フィンバーに、セルフィー大好き美少女のベサニーはぽっちゃり体系の中年男性で地図の専門家オベロン教授に、がり勉のマーサはセクシーな女戦士ラウンドハウスになってしまう。

彼らの腕には3本の線が現れ、死ぬと一本線が消えて空から復活することも分かった。ゲームの案内人ナイジェルという男が現れ、ヴァン・ペルトという男が奪った聖なる宝石を取り返し、ジャガー像の目に戻してジュマンジ世界に平和を取り戻すのがミッションだと言う。

4人の高校生たちは現実世界に戻るため、協力してミッションに挑むが…

感想

4DX先行上映を観てきました。

ザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンが出演していますが、同じく彼が出ていた『センター・オブ・ジ・アース2』的なノリでした。キッズ向けでしたね。ロック様は私的にはもうプロレスラーと言うより映画俳優のイメージです。

監督のジェイク・カスダンはスター・ウォーズ・シリーズの脚本で知られているローレンス・カスダンの息子さんです。母、弟も映画監督・脚本家・俳優として活動しているようで映画一家ですね。

今作は1996年に公開された『ジュマンジ』の続編とのことです。前作は観ていないのですが元はボードゲームの世界に入り込む話だったらしい。今回は冒頭ジュマンジがボードゲームからテレビゲームのカセットに進化していました。

あまりひねりもなく若干物足りなさも感じましたが、息子を連れて行ったらすごく面白かったと喜んでいたので良かった。ゲームキャラに扮した4人は動きが面白かったです。特にがり勉マーサが中に入っているカレン・ギランのセクシーポーズはめちゃくちゃ笑えました。

すでに続編が決定していて、キャストもドウェイン・ジョンソンジャック・ブラックカレン・ギランケヴィン・ハートの続投も決定しているそうです。続編も楽しみですね。

この映画の情報を見る
DVD・ブルーレイ・動画を買う、レンタルする